利 用 分 野
 ●視知覚実験、視覚探索などの視覚イメージ ●記憶実験、視覚的短期記憶
 ●注意、弁別、概念形成、認知の領域 ●単純反応時間、選択反応時間測定
 ●錯視 ●二分視法実験 ●弁別学習 ●カテゴリー分析 ●ストループ検査
 ●タキストスコープとして
【 特徴 】
   コンピュータによる視覚刺激の瞬間視により、視知覚、記憶実験、注意、弁別、概念
  形成、 認知の領域を多方面にわたって実験できる汎用刺激呈示装置です。刺激画像
  の呈示時間、呈示順序を自由に設定することができるため、様々な実験目的に合った
  視覚のコンポーネントができます。実験条件の設定後は、自動的に測定が進み、msec
  単位の反応データは、テキスト形式で保存されます。
   タキストスコープ実験として、また、オプションの反応マットを使用して、単純反応検査
  としてもご利用頂けます。
■刺激の呈示順序、刺激呈示回数を設定することができます。
刺激呈示時間は、15msecより、1msec単位の設定(コンピュータの精度・刺激図による)が
 できます。
測定結果は、1msec単位の結果取り込みができます。
out put 出力から他の測定装置 (脳波計、眼球運動測定器など) への信号出力ができます。

視覚刺激 : 刺激画像は、自己で作成したjpg、bmp ファイルをご使用頂けます。(刺激画像は、
1試行につき(次頁【刺激作成例】のA〜Dまで)4つの画像を呈示できます。)
聴覚刺激 : オプションソフトにて、音楽や音声など、wav、mp3、MID ファイルをご使用頂けます。
反応キー : キースイッチ・ボイススイッチ・マットスイッチによる反応測定ができます。
(ボイススイッチ・マットスイッチはオプション製品)
※ご希望により、スイッチをカスタムできます。
Stimulation Presentation Apparatus

52030

〒810-0014
福岡市中央区平尾3-7-21  圓ビル
TEL : (092) 522-2922 FAX : (092) 522-2933

株式会社 トーヨーフィジカル
刺激呈示装置 TP-03XO
トーヨーフィジカルロゴ