株式会社トーヨーフィジカル 【健康度・生活習慣診断検査 DIHAL.2】

健康度・生活習慣診断検査 DIHAL.2 作成者:  徳永  幹雄  (九州大学名誉教授)
 

 
因子別プロフィールの例
現在、健康の維持・増進と生活習慣病の予防は重要な課題となっています。
そのために、本検査は健康度および生活習慣としての運動、食事、休養を同時に診断し、健康指導の参考にするために作成されました。
検 査 の 目 的
1.個人や集団の健康度および生活習慣の実態や変容を理解する。
2.健康度と生活習慣の相互関係を分析したり、その他の体力的、医学的、心理的検査結果との関係を分析する。
3.個人や集団の資料をもとに望ましい健康や生活習慣へ変容するための教育的指導を行
検 査 方 法
47の質問項目を順に読み、回答欄に答えを記入する。 
検 査 対 象
中学生・高校生・大学生・社会人
採 点 方 法
検査用紙内で採点
検 査 時 間
約15分