ストループテスト 新ストループ検査【株式会社トーヨーフィジカル】

ストループテスト 新ストループ検査U 著者:箱田裕司・渡辺めぐみ
ストループテスト 新ストループ検査T 著者:箱田裕司・渡辺めぐみ ストループテスト 新ストループ検査U 著者:箱田裕司・渡辺めぐみ ストループテスト 新ストループ検査解説書
特  徴

色名語とそれが書かれたインクの色が異なる色名語(たとえば「みどり」)が提示さ れ、そのインクの色( ■)を呼称することが求められると、言葉(みどり) からの妨 害を受け、うまく反応できないことが知られている。これはストループ効果と呼ばれ ており古くから知られている。一方、言葉が表す色(■ )と色パッチを照合すること が求められても、色名語のインクの色(■) からの妨害を受ける。これは逆ストルー プ効果と呼ばれている。本テストはこれら二つの効果とも測定できる初めての検査で ある。
   
測定されるもの:

1.選択的注意の測定
従来からストループ効果には選択的注意が反映されるものであるとされて おり、本検査でも測定が可能である。特に、逆ストループ効果も同時に測定 可能であることから、選択的注意を多面的に測定できる。

2.言語処理と色処理の相互作用の測定
本検査では、ひらがなの言語処理と色処理が求められることから、日本語 の習得過程が反映される。日本語が母国語でない外国人の日本語の習得レベ ルがストループ効果に反映される。
 
用途:
 
研究目的
●注意力の個人差 ●注意力の生涯発達的変化 ●言語能力の発達
教育目的
●手軽にできる心理学実験の教材として
●ボケ防止の材料として(すでに他の研究者によってストループ効果の この用途が紹介されている。
●発達障害特にAD/HD の注意力測定